MENU

知っていましたか?勃起不全と精力減退の違いとは?

 

EDや勃起不全といえば、セックスに障害がある症状を示すものですが、精力減退もその一つと捉えているケースが多いようです。
実は「勃起不全」と「精力減退」が意味しているのはそれぞれ違うものだということをご存知でしょうか?
この二つは治療法も違ってくるため、混同してしまうのは危険なのです。

 

勃起不全とは、陰茎そのものが勃起できない症状を示すものであり、その原因としてはストレスや過去のトラウマなど心理的な要因と、陰茎を勃起させるための神経など、体のしくみが要因となっているケースがあります。

 

一方の精力減退は、そもそもセックスをしたいという意思を持つことができない場合や、女性に対する性的な興味が湧いてこない状況を示します。
心因性EDの前段階というべき状況ですが、以下のようなことから回復が困難なケースがあります。

 

勃起不全で悩んでいる男性に共通しているのは、「何とかしてセックスをしたいけど勃起できない」という点です。
性的興奮があって挿入したいという気持ちがあるのに、陰茎が機能的に勃起できない状況なのです。

 

しかし精力減退の場合は「セックスしたいと思わない」という状態であり、仮に勃起機能改善薬の処方があったとしても、挿入したいとは思えません。
妻からセックスを迫られているから仕方なしに行なっている、というケースでは、精力減退の兆候が現れています。
これが進行してしまうと次第にセックスを苦痛に感じ、EDへと進行していきますが、本人に「EDを治療しよう」という意思が薄いため、夫婦間の離婚トラブルにまで発展するケースまであるのです。