MENU

離婚までのカウントダウン?EDとセックスレスの関係とは?

 

勃起障害(ED)が離婚のきっかけとなってしまった夫婦は少なくありません。
夫がEDになれば性行為を避けるようになり、それを妻が「愛されていない」「浮気相手がいるのか」と感じてしまうために離婚まで発展してしまうケースなどがあります。

 

夫がEDで悩んでいる場合でも、それをなかなか打ち明けられないという方は少なくありません。
やはり男性としてのプライドに関わるデリケートな問題であるため、妻とのセックスで勃起できないことを自覚しても、相手に嫌われたくないという思いもあり、打ち明けられないケースは多いのです。

 

 

医師への相談やEDの治療にも踏みきれず、自分ひとりで抱え込んでしまうことは少なくありません。

 

しかし、セックスレスの悩みは実は男性よりも女性の方が大きいと言われています。
社会に出て働く夫が、他の異性との出会いが一切ないとは言い切れないため、不倫の心配は常にあります。
また、EDの中には「妻だけED」というものもあり、自分の性的魅力ないと自信喪失してしまう場合もあります。

 

セックスレス=相手から嫌われている、と必ずしも直結できるわけではありませんが、特に女性は「二度と抱かれることがないのか」と、今の関係に見切りをつけようとしてしまうケースは少なくありません。
このような認識のズレがEDを深刻なものにしているのですが、EDの治療には双方の理解が必要であり、まずは男性側がEDである事実を受け入れることが必要です。
現在はEDを劇的に改善させられる勃起治療薬があるため、積極的に医療機関を頼りましょう。