MENU

中年女性が精力減退してしまう原因とは?

 

人ならば、誰しも年齢を重ねることで精力が次第に減退していくものです。
加齢による精力減退は男性にも女性にもありますが、特に女性の精力減退は顕著だと言われています。
中年の女性に特有の更年期障害により、劇的に精力が減退することで、ご主人を愛しているにもかかわらず性行為を苦痛に感じたり、一切の興味を失うことがあります。

 

実際に中年の女性が経験した症状では、「性行為が苦痛に感じるようになった」「手をつなぐだけで十分」「テレビや雑誌で見る男性にさえ興味を持てなくなった」「まったくそういう気持ちになれない」などがあるようです。

 

その原因となっている大きな要素が、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの低下とされています。
エストロゲンが減ると、皮膚の弾力や粘膜部分の水分が低下してしまい、膣内が固く乾いた状態になってしまうのです。
これまでのように潤滑で柔らかい状態ではないため、陰茎との摩擦が大きくなることで痛みや苦痛、場合によっては出血さえ感じるようになり、セックスに対する苦手意識や恐怖心を持つようになってしまいます。

 

中年女性が更年期障害を迎えると重要な成分であるエストロゲンの分泌量が低下していき、そして月経が停止する閉経前後にはエストロゲンの分泌も同時にほぼ無くなってしまいます。
その対処法としては、女性ホルモンを薬剤で補う方法、潤滑ゼリーやローションで苦痛を軽減する方法などがあります。
夫婦間のコミュニケーションは性行為だけではありませんが、スキンシップとして大切に続けることができれば、より一層絆は深まります。